2016年6月に報告した漏斗胸の子、ハート君の、追加と経過報告です。

ハート君は、漏斗胸という、骨が生まれつき変形している状態で、
前回の報告にもあったとおり、「凹んでいる胸骨を引っ張る手術」を実施しました。

 

 

 

 

 

 

上の写真のとおり、糸を胸骨に引っ掛けて、
樹脂で作ったプレートで留めるという手術です。
この状態で、骨を少しでも元の形に戻していこうという算段です。

 

 

 

 

 

 

上の写真は、半年後、経過観察のために撮影したレントゲン写真です。
本人の調子はとても良く、呼吸状態も問題なしで、
レントゲンでは、胸骨が上側、背中側に向かっている状態ではあるものの、
肺が膨らむためのスペースがしっかり確保されているといえます。

 

 

 

 

 

 

上の写真は、仰向けでとったものです。
本来は、心臓が体の中心に来ますが、胸骨の変形のため、わずかに左側
(写真では下側)にずれています。
少し変形はありますが、日常生活を送る上では問題ないレベルです。

 

 

 

 

 

 

ハート君は元気に成長し、今では他の猫さんとなんら変わりない生活を送っています。
元気そうな日々にわたしも癒されています。
漏斗胸は、症例によって重症度がそれぞれ違い、治療が難しい場合もありますが
ハート君のように、治療が奏功する場合も多いので、
もし漏斗胸の子に出会ったら、いちど治療について検討されてみてはいかがでしょうか。

獣医師 緒方

関連記事


    2016年6月に報告した漏斗胸の子、ハート君の、追加と経過報告です。 ハート君は、漏斗胸という、骨が生まれつき変形してい…


    「ハート君」は、2-3ヶ月齢の子猫さんです。 箕面で猫の保護活動、TNR活動をされている「みのお地域ネコの会」で保護され…


    先日、歯石取りに来ていただいたワンちゃん。 歯石・口臭がひどく、歯も動揺している状態でした。 処置前の写真がこちらです。…